MATSUI FX(松井証券)で国内FXのリスクを軽減させたトレードをしよう

MATSUI FX(松井証券)で国内FXのリスクを軽減させたトレードをしよう

今回はFXを国内口座で始める際のデメリットが一つ軽減される内容について記事にしたいと思います。

私自身普段から海外FX口座しか使っていないのですが、今後は今回開設した国内口座でもFXトレードをしていこうとも思っています。

そこで、当記事では簡単にですが私が思う海外口座と国内口座での違い(メリット、デメリット)などを説明し、最後に実際に私が選んだ国内FX口座の開設手順まで載せようと思います。

FXで海外口座と国内口座を使う上での違い

ここで紹介する内容はメリットとデメリットみたいなことになると思いますが、これも人によってはそう思わない人もいると思います。

例えばすでに大金の余剰金を持っている人などは、この後説明するレバレッジの恩恵などは感じづらいかもしれません。

海外FX口座のメリットは圧倒的なレバレッジの高さ

これはそのまんまですが、日本国内でFXトレードをしようとすると全ての口座会社で最大レバレッジは25倍までになります。

日本では金融庁が定めたレバレッジ規制というものがあるため25倍以上での取引は違法です。

ですが海外ではFXのレバレッジに規制がないため、各口座会社が定めたレバレッジにてトレードすることができます。

レバレッジは各口座会社でそれぞれですが、平均でレバレッジ800倍とかなイメージです。

実際に私が使っているXM Tradingも800倍、GemForexに関しては1000倍までレバレッジをかけられます。

株でもFXでも最低必要証拠金というものがある

レバレッジとは、自分の用意した証拠金(口座に入れた資金)に対してかけられる倍率になるので、単にレバレッジとだけ聞くと

「私はそんなに高いレバレッジでトレードしなくてもいい」

「そんな高い倍率でトレードして大丈夫?」

など不安な印象を持つ場合が多いと思いますが、“実際のリスクは違います”

レバレッジを多くかけられるということは“始めに口座に入金する必要のある資金(証拠金)を少額で抑えられる”ということです。

例えば株では最低購入単位として100株単位が基本ですし、FXでも最低購入単位としてLotという単位があり国内だと1Lotが10000通過、海外だと1Lotが100000通過が基本となっています。

Lotなどの詳しい説明は割愛しますが、要は株でもFXでも最低必要証拠金という額があるということです。

レバレッジをかけられるメリット

そしてここからがレバレッジを多くかけられることのメリットに繋がるのですが、FX口座に入金しているお金には常になくなるリスクがあります。

これはFX口座に入金してから、次に出金し自分の銀行口座にお金が戻ってくるまでは常に使ってしまう可能性があるからになります。

詳しくは別記事にまとめてるので興味のある方は参考にしてみてください。

常にFX口座の資金はなくなるリスクがある!資金を守るなら海外口座がおすすめ

常にFX口座の資金はなくなるリスクがある!資金を守るなら海外口座がおすすめ

2021年3月22日

こういった意味から、なるべくFX口座に入れておく自分のお金は少額であることが一番のリスク回避ということになります。
※ あくまでトレードなどで得た利益分を差し引いた、つまり自分の身銭をはたいた資金のことです。

しかし国内FXのようにレバレッジが低ければ、先に説明した最低購入単位もあることから証拠金(資金)が多く必要になってしまいます。

まとめると、“自分の身銭を失くすリスク回避をするにはレバレッジの高い海外口座の方が有利”ということです。

国内FX口座の主なメリットは税金と安心感

次に国内口座でFXトレードをする場合のメリットについてですが、税金面と何かトラブルなどがあった際の安心感だと思います。

日本と海外口座でのFXトレードにおける税金面の違い

税金面に関しては利益が出てはじめて影響のあることなので、これからFXを始めようとしている人に取っては少し早い心配かもしれませんが大事なことです。

日本や海外の細かな税金の扱いについてさすがに割愛しますが、簡単に説明すると次の通りです。

国内FXで得た利益に対する税金関係

国内FXで得た利益は「先物取引に係る雑所得等」として計算されるため、利益に対して20%(所得税15%+住民税5%)が税金として計算されます。

これに加え、復興特別所得税として2013年1月1日〜2037年12月31日までの間は0.315%が上乗せされるので、基本的には20.315%を税金として納めることになります。

国税庁No.1521 外国為替証拠金取引(FX)の課税関係

海外FXで得た利益に対する税金関係

海外FXで得た利益は総合課税の中の「雑所得」として扱われます。

総合課税になるので、他にも雑所得がある場合や給与所得などがあれば全てを合算した上での超過累進税率で計算されます。

そのため海外FXの利益だけで計算することは難しいのですが、参考までに所得金額(1,000円〜約200万円)の場合が一番税率は安く5%で、所得金額が4千万円以上の場合の税率は45%となります。

これに住民税の10%が上乗せされるため、最大55%の税率となります。

国税庁No.2260 所得税の税率

総合課税の累進税率とは言え、さすがに収入の半分以上の税金は、、、高いと思っちゃいますよね。

日本国内のFX口座の方がトラブル時などの安心度が高い

ここでいう安心度とは、口座会社自体の信頼度とは違ってトラブルなどがあった場合対応に対する安心度の話になります。

では海外のFX業者の対応が悪いのかと言えば、そうではありません。

もちろん海外業者でもしっかり対応してくれるところもありますし、そもそもトラブル自体それほど頻繁にあるわけではありません。

ただやはり“言語の違いは大きい”ですし“その国々での常識や法律も違っている”ため、日本で生活している私達の常識と食い違う場面もあると思います。

そういった場合に海外と国内だとどちらが自分有利に物事を運べられるかと言えば、やはり日本国内になると思います。

国内口座のMATSUI FX(松井証券)なら高額証拠金のリスクがない

ここまでに海外FX口座のメリットとして、国内FX口座のように高額の証拠金がなくてもレバレッジを利用することで少額からトレードできることを説明してきました。

これはつまりのところ、国内FX口座のデメリットは資金が失くなるリスクが口座に高額を入金しなければFX取引ができないということでした。

しかし今回紹介する松井証券が提供するFXサービスの「MATSUI FX」であれば、なんと証拠金100円からトレードすることができるというものです。

先にも説明しましたが、国内口座に高額の証拠金が必要な理由は最低購入単位のあるFX取引においてレバレッジが低いことが理由です。

レバレッジについては日本国内の最大が25倍までと決まっているので、これは「MATSUI FX」でも同じですが、違いは最低購入単位にあります。

通常の国内FX業者の最低購入単位は1Lotで、1Lotが10,000通過になります。

DMM FXの売買単位(Lot)
GMO FXネオ取引の最低取引単位

ですが「MATSUI FX」では業界最小の1通貨単位から取引可能なため、レバレッジに違いがなくて少額からFXトレードを開始できるというわけです。

何度も言いますが、FXや株取引において口座に入金しているお金は常になくなるリスクがあるため、この“少額でも取引できるということがどれだけ資産を守るという意味で大事なこと”か分かると思います。

実際にMATSUI FX(松井証券)で口座開設

それでは先日「MATSUI FX」で口座開設をしたので、簡単にですが手順を紹介します。

口座開設に必要な所要時間はだいたい10分くらいで、私はマイナンバーカードを持ってるので必要書類もこれだけでした。

まずはステップ1:申し込み方法の選択

ここは申込方法の選択なので私は「オンライン申し込み」を選択しました。

個人口座開設(STEP1:お申込み方法の選択)|松井証券

次にステップ2:個人情報の入力

個人情報の入力もお決まりの項目だけで特に変わったものはありません。

個人口座開設(STEP2:個人情報入力)|松井証券
個人口座開設(STEP2:個人情報入力)|松井証券2

ステップ3:職業・内部者情報入力

職業がサラリーマンの人は会社情報の入力になり、私は個人事業主なので適宜に入力しました。

内部者情報の入力は、この後にある追加口座の申請をする際にも必要な情報になると思うので求められます。

個人口座開設(STEP3:職業・内部者情報入力)|松井証券

ステップ4:お取引情報の入力

ここが追加口座の選択や振込口座、確定申告を自分でするかどうかなどの選択画面になります。

個人口座開設(STEP4:お取引情報の入力)|松井証券
個人口座開設(STEP4:お取引情報の入力)|松井証券2

ステップ5:入力情報の確認

ここまでの入力内容を確認し、問題なければ口座開設の入力フォームは完了になります。

個人口座開設(STEP5:入力情報の確認)|松井証券

ステップ6:本人確認書類のアップロード

本人確認書類として私はマイナンバーカードを持っているのでその写真データを使いました。

本人確認はFX口座以外でもちょくちょく使う機会があると思うので、お手元のPCなどに常に用意しておくとこうゆう場合に便利です。

個人口座開設(STEP6:本人確認書類のアップロード)|松井証券

ステップ7:個人口座開設完了

これで松井証券への個人口座の開設手続きは完了になります。

後は引き続き先程追加オプションで開設選択をした分の申込みになります。

個人口座開設(お手続き完了)|松井証券
個人口座開設(お手続き完了)|松井証券2

追加口座開設(FX口座の開設申込)

特に変わった入力内容を求められるわけではなく、取引内容などの確認だけでFX口座まで開設することができました。

追加口座開設(FX口座)|松井証券
追加口座開設(FX口座)|松井証券2

追加口座開設完了(FX口座)

追加口座開設(お手続き完了)|松井証券

MATSUI FX(松井証券)の口座開設まとめ

「MATSUI FX」へのWeb申込み自体はこれで完了になるので簡単ですね。

あとは松井証券側の審査があって、審査に通るとログイン情報が自宅に簡易書留で送られてきます。

私の場合は4日後に届きました。

松井証券から届いた簡易書留の画像

国内FX口座のリスクを軽減させたMATSUI FX(松井証券)についてまとめ

海外FX口座のメリットより国内FX口座での取引の方がメリットは多いのですが、メリットの数以上にハイレバレッジでトレードできる恩恵が大きいため私はずっと海外口座を利用していました。

“ハイレバレッジの良さは少額からトレードできること”に加え、それを“短期間で大金にすることもできる”ことでもあります。

逆に中期、長期でトレードをする場合は流れも変わりやすいですし、トレードの際の許容範囲も広く見積もるためハイレバレッジである必要性が薄れます。

そこで今回開設した国内口座の良さが活きてきます。

国内口座はスプレッド(手数料みたいなもの)も狭く、利益が出た場合の税金も安い、さらにスタートを少額から始められるとなれば利益が乗ってきたところで買い増し売り増しをすればいいので中期、長期のトレードで考えると海外口座より優位だと思います。

トレードの仕方は人それぞれだと思いますが、取引できるかどうかや税金の優位性は一律です。

まだ国内FX口座を持ってなかったり「MATSUI FX」の口座は作ってないよという人にはおすすめだと思います。